コインチェック

Crypto

AnySwapでPolygonからBSCにUSDCを送金する方法

 

PolygonからBSCに資金を移すかんたんな方法はないのかな?手数料をなるべくかけない方法を知りたいな!

 

こうした疑問にお答えします。

 

Polygon→BSCにブリッジできる「AnySwap」の使い方を紹介していきます。

 

Polygonで運用していた資金をBSCに動かそうと思ったけど、何を利用すればいいか、わからない…という方の参考になればと思います。

 

本記事の内容

  • AnySwapでUSDCをブリッジする方法
  • AnySwapでUSDCの流動性を提供する方法

 

 

こちらで紹介した方法は、手数料がかかりますが、今回の方法では手数料がかかりません。

 

ただし、AnySwapでは送金先のUSDC流動性供給量が少ない時は、anyUSDCとして受け取ることになりRemoveする手間が発生してしまうので注意しましょう。

 

本記事のオーサー

ローレンス
仮想通貨に没頭している情シス会社員です。Twitterでは仮想通貨をわかりやすく楽しむための日本や海外の情報をまとめて発信しています。もしよければフォローお願い致します!▶︎Twitter

 

AnySwapでUSDCをブリッジする方法

AnySwapにアクセスします。

 

「Matic mainnet」にMetaMaskが接続していることを確認します。

 

MetaMaskの登録方法はこちらから。

 

左側のメニューからSwapを選択してください。

 

送金先のウォレットアドレスが同じ場合はSwapタブ、違う場合はSendタブを選びます。

 

FromにUSDCの送金量を入力します。

Toには自動的に数字が入ります。ネットワークがBSCになっていることを確認しましょう。

 

0.1から1,000,000USDCをFeeなしで送金できます。

 

SwapをクリックするとMetaMaskから確認を求められますので承認します。少し時間がたったらBSCに切り替えて、USDCが着金しているか確認しましょう。

 

BSCにUSDCトークンをAddしておけば、ウォレットに表示されます。

 

 

AnySwapでUSDCの流動性を提供する方法

 

USDCを自分で供給することでトークンAnyをファーミングすることもできます。

 

Anyのチャートは以下の通りです。

 

左側のメニューからPoolを選択します。

PolygonのAddをクリックします。

 

流動性を供給するUSDCの量を入力して、「Add Liquidity」をクリックします。

すると、LPトークンを入手できます。

 

左側のメニューからFarmをクリックします。

「USDC Staking」をクリックします。

 

+をクリックします。

量を入力してDepositをクリックしてステイク完了です。

 

 

AnySwapを使ってブリッジする方法:まとめ

以上、AnySwapの使い方を紹介いたしました。

 

現在はUSDCのステイク場所としてAPYは下がっていますのであまりメリットがないかもしれません。

 

しかし、パブリックブロックチェーンが乱立している状況の中、チェーン間をブリッジできる機能はかなり重宝しますね。

 

クロスチェーンはわりと需要が無くならない気もします。ぜひ、試してみてください。

 

 

Polygonで注目されているプロジェクトについて、ファーミンを開始するまでの流れは、以下のブログで紹介しています。興味のある方は参考にしてみてください。

 

ローレンス
Twitterでは仮想通貨をわかりやすく楽しむための日本や海外の情報をまとめて発信しています。もしよければフォローお願い致します!▶︎Twitter
bitbank
  • この記事を書いた人

ローレンス

Cryptoとブロックチェーンに没頭する情シス会社員です。無料のオンラインサロン「クリプトユニバーシティ」を立ち上げ、「仮想通貨は投機じゃない。テクノロジーだ。」をモットーに仕組みや技術を面白がっていくことをコンセプトに活動してます。ポッドキャストでは、メディア運営やサロン運営の裏話や仮想通貨を楽しめるお話をお喋りしております。

-Crypto
-,

© 2021 Lawrence Tokyo