コインチェック

Crypto

Augury Financeのトークノミクスの変更点と新トークンについて

 

Polygonブロックチェーンで注目を集めたAuguryFinanceのトークノミクスに変更がありました。

 

2021年7月現在も、高APYでOMENをマイニングすることができます。

 

AuguryFinanceがはじめて、という方については別記事でファーミング方法を紹介しています。以下の記事を参考にしてみてください。

 

本記事では、公式のMediumを日本語訳しつつ、主な変更点や新トークンについて、まとめていきます。

 

本記事の内容

  • AuguryFinanceのトークノミスク変更点とは
  • 今後のOMENのインセンティブとは
  • AuguryFinanceの今後と新トークン:まとめ

 

 

AuguryFinanceの公式の記事はこちらから参照できます。

 

AuguryFinanceのトークノミスク変更点とは

 

変更点とは、「OMENトークンの排出量及び供給終了時期」の変更です。理由はデフレ対策です。

 

当初のホワイトペーパーによる計画では、3.25年で全てのトークン(777,777,777トークン)を排出する予定でした。しかし、OMENのファーミングは2021年8月末で終了することになり、排出上限量も大幅に削減しました。

 

777,777,777トークン → 6,000,000トークン

 

コミュニティによる決定を経て、OMENの93%以上の供給削減になります。

 

初期排出OMEN量を増やしたことで、初期からOMENに投資をしているユーザーが長期保有するインセンティブをつくるためが主な理由でしょう。

 

排出量はブロックの倍率を高める形ですすめられていました。排出量が大量になりすぎて、一時OMENが急落していたのはそのためです。(下落相場で売った人も多かったかもしれませんが…)

CoinGeckoよりOMENのチャートをキャプション

 

この下落以降でも、OMENに投資し続けたユーザーへのインセンティブはどのようになるのか、以下でみていきましょう。

 

 

今後のOMENのインセンティブとは

 

OMEN保有のインセンティブ

  1. Airmail
  2. Auto-Compounding Vault
  3. Cauldron
  4. Predictions

 

Airmailは、エアドロップ機能ですね。「Auto-Compounding Vault」はOMENの自動複利運用でしょう。「Predictions」よりも早くローンチされることが決まっています。

Cauldronは、Launchpad機能といって、OMENステイクホルダーなどが有利にトークンセールに参加できるようにできる機能でしょう。

 

OMENは、Predictionに力を入れたい印象があります。それは、Augury:予兆という意味からもそうですが、以下に公式Mideumの日本語訳を引用します。

予測市場には、さまざまな分野があります。コインや合成資産の将来の価格に賭けるようなことは、氷山の一角に過ぎません。データフィードに関連するものはすべて、将来のイベントを正しく予測することでユーザーが報酬を得られる予測システムに組み込むことができます。予測は「現実世界」にも広がり、私たちが好きなサッカーリーグにも予測が行われます。 私たちはブランドを拡大しながら、新製品を通じて価値を高めていきたいと考えています。 出典:AuguryFinanceより

 

サッカーチームが勝つか、負けるかといった将来予測についてもPredictionのコンテンツとして取り込むようです。これはすでにFTXなどでも活用されている「大統領選の結果は?」などといった、価格予測に止まらない事象まで、対象に規模を拡大していくということでしょう。

これらで得られた収益の一部は、OMENのステイク量に応じたUSDCの「Weekly配当」に充てられます。規模が大きくなり収益が高まれば、OMENを保有して週配当を受けたいというインセンティブになります。

 

Vault公開 → Predictions公開 → OMEN排出終了(8月末)

 

こうした流れとなる見込みです。

 

 

AuguryFinanceの今後と新トークン:まとめ

楽しみな機能がたくさんありますね。

 

結構重要かもしれないので、補足しておきますと、AuguryFinanceにユーティリティーコインとして「別のトークンを導入する」という議論がかわされています。

 

今のところ「Aquila(アクイラ):鷲(わし)の意味」という名前のトークンで、古代ローマで予兆の観測を鳥を利用していた歴史からとっているようです。

 

Aquilaのアーキテクチャ予定は、「Aquilaの獲得にはOMENをバーンする必要がある」という仕組みをつくり、OMENの供給量を減少させる目的があります。

 

IRONをご存知の方であれば、USDC8割でTITAN2割でミントしてIRONを発行していたイメージに近いかもしれません。まだこのあたりは詳しくは不明です。

 

現在、Discordで議論されているところです。興味のある方はJoinしてみると面白いですよ。AuguryFinanceにアクセスして、サイトの下の方にあるDiscordのマークをクリックしてみてください。

 

 

繰り返しになりますが、AuguryFinanceについては別記事で紹介しましたので、もう一度貼っておきます。興味のある方は参考にしてみてくださいね。

 

bitbank
  • この記事を書いた人

ローレンス

Cryptoとブロックチェーンに没頭する情シス会社員です。無料のオンラインサロン「クリプトユニバーシティ」を立ち上げ、「仮想通貨は投機じゃない。テクノロジーだ。」をモットーに仕組みや技術を面白がっていくことをコンセプトに活動してます。ポッドキャストでは、メディア運営やサロン運営の裏話や仮想通貨を楽しめるお話をお喋りしております。

-Crypto
-

© 2021 Lawrence Tokyo